CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
<< 富士登山2005夏 その | main | 富士登山2005夏 その >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
富士登山2005夏 その
7合目を出てからも、のんびりと登り続け、17時を過ぎた頃、ようやく予定の山小屋「見晴館」(本7合目)に到着した。ちょっと、遅すぎるペースではあるけど、体力的には全然疲れてないし、ここまで楽しみながら来れたし、スローペースも悪くないかも…。

では、続きをどうぞ。


ここ「見晴館」は、前回の富士登山のときにも利用した山小屋で、須走口の山小屋の中では、比較的新しくて、キレイな感じの建物なので、今回も選んでみた。チェックイン(…というか、受付?)を済ませた後、荷物を置いて、さっそく晩御飯。メニューは定番(?)カレーライスなんだけど、これが結構量が多い。前回はもっと少なかった気がするけど、日によって違うのかな?

一日の疲れも相まってか、やっとの思いでカレーを食べ終わると、布団を敷いてくれるということで、しばらく外で休憩。この間に、みんなで記念写真。
kinen
(意図的に、顔が分からないように縮小してます。)

富士山
(見晴館からの景色。雲海がきれいです。当然、飛行機も普段より低いとこを飛んでるように見えます。)

写真を撮ってるうちに、布団が出来上がったようなので、山小屋の中に戻った。今回の寝床は、まるで「押入れ」びっくり! 押入れの上段みたいな場所で、スペースは1間(1800mm)四方くらい。そこに、布団が2組敷かれて(かなり重なって…)、3人が寝る。下段も同じで、上下に男どもが6人。女の子は、2人で押入れの前の畳の上。

そんな状態の寝床だから、寝ようにも眠れない…。

20時前には仮眠に入ったわけだけど、眠れる気配すらない。空気が薄いから、息がハァハァしてくるし、隣も下もみんなハァハァしてる(笑)。眠りに落ちかけると、他のお客さんがヒソヒソ話(単なるオシャベリ)を始めたり、山小屋の電話(黒電話)がジリリリリリーンとなったり…。(電話予約をするときは、夜間は避けましょう!)

仕方が無いので、寝るのを諦めて、ただ横になってると、今度は暑い…。だからと言って、布団を蹴ってしまうと、今度は寒い…。「押入れ」の中に男3人なので、空気も乾いてきて、ノドも乾いて、水分補給。

3時間くらいそんな状態が続いて、23時近くになったころ、5分寝ては、5分起きるような状態になった。時計を見ると、全然時間は経ってないのに、明らかに「夢」を見てた記憶はある。そんな状態が1時間位続いたかな。頭が、「ゆめ」と「うつつ」を判断できないような感じに陥ってからしばらくした後、ようやく眠りに落ちた。

すると、今度はすぐに1時半の起床予定時刻に…。(もうちょっと眠りたかった。)

みんな物音を立てずこっそりと「押入れ」を抜け出して、玄関先に用意しておいてくれた「おにぎり」(朝食の代わり)を持って、いざ頂上へ!みんなが寝てる間に、焼印も入れてくれてた(宿泊者は無料。ちなみにトイレも無料。)。
富士山

ここからも、今までのように第1班と第2班に分かれて、それぞれヘッドライトを装着して、夜間登山に挑む。夜間登山は、おれの一番楽しみにしてた区間。あまり眠れなかったけど、テンションも上がってきて、気合も入ってきた。

あ、山小屋について1つだけ補足。ってか注意。
「山小屋での睡眠状況には個人差があります。眠れる人はぐっすり眠れます。眠れる自信の無い方は、耳栓とかアイマスクとかを持ってくといいでしょう。」(笑)


では、本題の夜間登山。

・・・と、これはまた後日。
| 【特集】富士登山 | 23:05 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:05 | - | - |
コメント
僕も去年の今頃登ってました。とにかく、仮眠時間は眠れなった覚えがあります。でも、不思議と歩き始めると眠くないんですよね。家に帰ってきたら壮絶な疲労感に教われましたけど・・・。
| rabbit48 | 2005/08/17 11:44 PM |
コメントありがとうございます。

まだまだ富士登山の特集は続くので、近々書きたいと思ってますが、東京に帰りついたときの疲労感、ほんとにツラかったですね…。家に帰りつくまでの、新宿からの中央線の車内…。あれほどタクシーに乗りたかった日は無いかも。

でわでわ、今後ともごひいきに。
| hirocky@管理人 | 2005/08/19 12:36 AM |
僕が登ったときは、確か帰り道に温泉に入った覚えがあります。登山の後の温泉は格別ですよね。あー、帰ってきた無事に…って感じで。でも、風呂から出た後車の運転するのはほんとツライっすけどね。富士山特集楽しみにしていますよ。
| rabbit48 | 2005/08/19 11:06 PM |
帰りに温泉も行きましたよー。あれは、ホントに最高です!

帰りの運転は大変だろうってことで、今回は電車の往復だったので、運転のツラさは経験してないですけど、足の疲れがハンパ無いでしょうね…。
| hirocky@管理人 | 2005/08/22 1:59 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yodakism.jugem.cc/trackback/151
トラックバック
去年の今頃は富士山だった
…というわけで、podcast日記も今日で4日目を迎えました。 3日坊主が4日続けたので、こつこつ続ける自信がついたかな? でも、毎日更新するのは大変ですね。プレッシャーがかかる。 気楽にいきましょう。 さて、昨年の今頃は標高3776mの高さに立っていました。 そう、
| podcast日記。 | 2005/08/17 11:45 PM |