CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
<< 「あの日」があるから「今」がある | main | スポーツの冬 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
三人寄れば文殊の知恵
今日は、ゼミの討論大会(日本学生経済ゼミナール関東大会)の議長団を務めるために、朝早くから中央大学に行ってきました。

去年は、自分たちの学年が討論をする立場で、先輩に議長団をお願いしたんです。その流れで、4年である今年は、3年生のために4年生で議長団を引き受けたというわけ。そうは言っても、自分の役割は書記なので、そんなに重要なわけじゃないんだけど…。

討論大会と言っても、ディベートではないため、議事の進行ってのはなかなか難しいものがありました。「意見をどうぞ」と議長が言っても、「シーン」としてて場が沈黙してしまったり、ついつい議論とは関係のない話題にそれて、それが膨らんでしまったり…。

自分も、書記という立場、4年生という立場を考えて、できるだけ口は挟まないつもりでいました。だけど、テーマが自分の関心のある領域だったために、ついついいくつか口を挟んでしまいました…(反省)。


しかし、人の意見というのは、聞いてるとホントに面白いですね。
豊富な知識やデータに裏づけされ、主張にブレのない説得力のある意見。
1つの面に偏った味方をした意見で、「ホントに考えてる?」と思う意見。
今まで考えたこともなかった角度から攻めてくる独自性溢れる面白い意見。
真理ではあるが理想論に終始していて、現実性に欠け説得力の乏しい意見。
議論の流れを見て、議論の穴を見出し、新たな議論へと発展させる意見。
・・・・ナドナド

おれは、「自分の意見は正しい!」と思い込みがちなところがあって、時に、自分の意見を否定されると、なんとか反論しようと熱くなりすぎてしまうことがあります。だけど、今回のように、議事録(的なメモ)をとりながら、人の意見を客観的に聞いてると、人の意見の面白さを改めて感じちゃいました。


討論大会なんて場に出ることはもう無いかもしれないけど、就職してからの会議とか、いろんな似たような場はまたあると思う。そんなときには、いかに「イイ意見を言う」かを考えるより、いかに「いろんな意見を聞く」かを心がけてみようと思います。しっかり聞いてると、何か糸口が見えてきて、今までより「イイ意見を言う」ことも出来るような気もするし…。それに、「聞く」ことで、相手(の意見)を尊重することにもつながるだろうし。

まぁ、就活のグループディスカッションでも似たようなものだったし、普段の会話でも同じことなのかもね。言葉を投げるばかりでも、言葉を受けるばかりでもなくて、ちゃんとキャッチボールをする。「コミュニケーション力」を企業が重視するのも当たり前かもな…って感じですね。


それにしても、今日は久々に頭をフル回転させたなぁ…。
おかげで、ブログの記事が支離滅裂かも…。

でも、去年のゼミ活動を思い出して懐かしくもあり、久々にゼミ本来の行事に参加して楽しくもあり、まさに「学生!」って感じの日曜日でした。
| 日記とか | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yodakism.jugem.cc/trackback/196
トラックバック