CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
<< スポーツの冬 | main | ミナモトさん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
草津よいとこ一度はおいで
土日を利用して草津温泉に行ってきました。
kusatsu

クラスの友人たち7人での忘年会(?)。ゼミの友達は東京出身が多いので「東京の人たち」って感じなんだけど、クラスの友達は上京組が多いので「田舎の人たち」(見てないはずだけど、ゴメン…)って感じで、ゼミとはまた違った雰囲気の旅行になるんです。最近のグループ旅行はゼミが多かったので、今回の旅行は久々な感じで楽しかったけど、ツアコン役をするのは正直ちょっと大変でした…。

やっぱり、傾向として、「乗り物好き」や「旅行好き」が集まってるゼミで旅行する方が、いろいろとスムーズだし、感動を共有できるので「旅行」そのものを楽しめるような気がします。旅行に対する考え方が違う人との旅行は、旅行よりも「会話」を楽しむ旅行になっちゃうよね…。もちろん、「旅行」という面ではそうであっても、違う視点では楽しい面も多いわけだけどね。

まぁ、そんな旅行を簡単にポイントを絞って振り返ってみます。

【1】首都圏の快速列車のグリーン車を初めて使ってみたよ。
新宿から高崎まで、湘南新宿ラインを使って2時間弱。状況は7人での旅行。どう考えてもロングシートの7人掛けシートに1列に座って行くような状況ではありません。なので、750円(土休日事前購入料金)を払って、いざグリーン車へ!2階建て車両で(JR東日本の)特急並みのシート。750円でも高い気がしたけど、ロングシートに比べればかなり快適。おかげで、高崎までの2時間も楽しいひとときに変わりました。高崎から先の吾妻線の1時間強もボックスシートで駅弁をつつきながらゆったりと過ごせて、納得のいく移動ができました。

【2】草津は寒かったけど、草津温泉は熱かったよ。
kusatsu
長野原草津口駅からバスに揺られること30分。草津温泉バスターミナルに到着します。着いたときには、雪が舞っていて、日陰になるような所には雪が積もってる。(翌日には積雪15センチくらいになりました。)宿に荷物を置いてから、早速温泉へ!「西の河原露天風呂」っていう、温泉が流れてる川がそのまま巨大な露天風呂になってる感じの、巨大露天風呂。冷えた身体には熱すぎるぐらいのお湯だけど、立ち上がると雪。寒いのか熱いのか分からないような状態でした。その日は、旅館の内湯にも入ったけど、そっちもかなり熱かった。写真は、翌日に入った無料の公衆浴場「煮川の湯」。死ぬかと思うほど熱かったけど、まさに身体の芯が温まって、外に出てもしばらく寒くなかった。ちなみに、お湯は強い酸性で、鉄釘を10日も浸けとくと消滅するほど。正直、大分県の誇る別府や由布院よりも泉質はいいような気がします。

…草津温泉は熱すぎるので、「湯もみ」という作業を行って温度を下げて、かけ湯をして…、という伝統的な入浴法があるようでした。

【3】ザスパ草津の旗が町中にあったよ。
ザスパ草津というのは、草津町をホームタウンとするJリーグのチーム(今はJ2)。町の至るところにフラッグが掲げられていて、ホテルや旅館やおみやげ屋にも大きなフラッグやポスターが貼られてる。まさに、町中がザスパを応援してます!っていう感じ。東京でも調布・府中・三鷹あたりではFC東京の旗をよく見かけるけど、田舎の風情に溢れてる草津町でこういう光景を見てしまうと、微笑ましくなってくる。翻って、大分。一部ではトリニータの旗を掲げてる商店街もあるけども、まだまだ町全体にその雰囲気は無い。トキハの前の大通りをトリニータの旗でいっぱいにしたら、もっとホームタウンらしくなるように思う。

【4】草津温泉もドイツが先生だったよ。
ドイツ
大分の由布院温泉がこんなにイイ温泉地に変わっていったのには、ドイツの温泉地の影響がある。由布院の隣の長湯温泉もそうらしい。なんと、草津温泉もドイツの影響を受けてました。と言うのも、どうやら、明治時代、ドイツ人医師のベルツ先生(エルウィン・フォン・ベルツ)が草津をすごく気に入って温泉観光地としての構想を立てたりしたよう。今では、ドイツのビーティヒハイムという町と姉妹都市になり、夏には国際音楽コンクールを開くなど、いろいろと交流が行われているようでした。(一人で行った温泉資料館で知りました。)こないだドイツに行って以来、ドイツ流のまちづくりの信者になってしまったおれにとっては、いろいろとヒントをもらったような気がします。追々、草津のまちづくりも調べてみようかな。

ちなみに写真は、バスターミナルにあった喫茶店。「BAHNHOF」というのはドイツ語で、「駅」という意味。まさか、こんなところまでドイツの影響を受けてたとはね(笑)


…他にも、夕食の鴨鍋が美味しかったこととか、湯畑の迫力(1分間に400L湧き出す源泉)に驚いたこととか、いろいろとあるけども、長くなるのでこの程度で…。

次の旅行は年末の帰省旅行かな。
kusatsu
(写真が湯畑)
| 旅行とか交通とか | 20:53 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:53 | - | - |
コメント
いいなー草津。今まで一度も言った事ないから、一度は行きたいなー。雪に温泉、畳の部屋でみんなで思い出を語りながらお酒を飲み笑う。最高じゃない!なーんて勝手に想像しちゃった。でもうちらのサークルの卒業旅行は沖縄・・・
| tetsu | 2005/12/13 12:15 AM |
民宿に泊まったから、まさに畳の部屋で夜遅くまでワイワイ(いや、ワーワーかも?)やってたよ。クラスの大人数で行くのはこれが最後かもしれないし、楽しくやれて良かったよ。ゼミでももう一回くらいどこか(せめてセミナーハウスでも…)行きたいねー!!

あ、おれは沖縄行ったことないから行ってみたいよ。結局、卒業までには全県制覇は無理そうだな…。
| hirocky@管理人 | 2005/12/13 1:25 AM |
おぉ、バーンホフ…。
なんかもう懐かしゅう響きだねぇ。
ドイツに帰りたい…。

草津、いいよね〜!!
おいらも二回行ったことあるけど、強酸性なせいか温泉入ると、ケミカルピーリング施術されたみたいにツルッツルになってビックリした覚えがある、そんな皮膚炎持ちまくりのミッチェルさんです。

ゼミでももう一回はどっか行きたいねぇ!!大部屋を切に希望!!小部屋だとドイツみたいに個人面談しなきゃいけないし(笑)。大部屋だと夏合宿みたいに、勢いで色んなこと暴露大会になるから大好きです♪
| みっちぇるノ助(俳優) | 2005/12/14 1:49 AM |
ホント、畳の大部屋でまた飲み会やりたいねー。
個人面談は、あれはあれで面白かったけど、流石に大部屋では……ね。

でもまぁ、このままダラダラっと卒業ってのも嫌だから、最後にどこか行きたいねー。いつか話した、富士急&セミナーハウスとかどうだろ!?
| hirocky@管理人 | 2005/12/16 2:34 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yodakism.jugem.cc/trackback/198
トラックバック