CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
<< 引越し完了 | main | 香港は今日も雨だった >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
のぞみ泣く
20060226_130033.jpg
昨日、再び東京に出てきました。それも再び新幹線で…。

今回読んだ本は、リリーフランキーの『東京タワー』。よくテレビで「新幹線の中で読んでて泣いちゃいましたよー」とか芸能人が話してるのを見て、真似してみようと思ったワケです。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー


ところが、期待以上に真似しちゃう結果になりました。

「これ以上ページをめくれない」
本を読んでて、こんな気持ちになったのは初めてです。気持ちを落ち着けながら休み休み読まないと、確実に新幹線の車内で号泣しちゃう。

しかも、偶然なことに、話に出てくる主な場所が、東京・小倉・筑豊・若松・大分…と、おれに縁のある場所ばかり。しかも、大分→小倉→東京と鉄道で移動してる最中に読んでたワケだし…。それに、オカンの話す北九州弁も親しみがあるコトバだし、九州の人が東京に出ていくという気持ちもよく分かる。

おれは東京に居着くことにはならなかったけど、東京に出た大抵の九州人の気持ちを代弁したような本だと思う。 もちろん話の大筋はそこじゃなくて、家族や周りの人の大切さ…とかだけど、これは誰しも理解できる話なはず。

長々と書いたけど、絶対にオススメしたい1冊です。人に泣き顔を見せたくない人は、自分の部屋で読んでください。


…ちなみに、東京駅に着いて、その足で東京タワーに行きましたとさ。その後は…(ごにょごにょ)。


では、卒業旅行の香港に行ってきまーす!!
| モブログ | 09:54 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 09:54 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yodakism.jugem.cc/trackback/218
トラックバック
はじめての涙
本を読んで始めて”涙”してしまった。 ”東京タワー”〜オカンとボクと、時々、オトン  by:リリーフランキー。 自分をありのまま、飾らないでストレートに表現できる文章力って すごいってかんじだった。引き込まれる力がある。 通勤中、思わず涙がボロっとでて
| 本好きママの読書感想文★ | 2006/03/28 3:13 PM |